グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  病理診断科

病理診断科



外来受付時間表

外来診療体制表

概要・特徴

病理診断業務は、従来、中央検査科の1部門で行われていたが、平成16年の7月に病理診断科が新設され、担当することになった。業務内容は生検・手術材料の病理組織診断、術中迅速診断及び病理解剖(剖検)である。組織診断業務は専任医師の他、4人の非常勤医師が週4日を担当している。剖検業務は、臨床研修医教育のため必須であるが、東京医科歯科大学病理学教室の協力のもとに行われている。剖検介補は中央検査科所属の臨床検査技師が交代で行なっている。
平成8年より病理専門医が常勤し、平成10年より、厚生労働省指定の臨床研修病院、平成11年には、日本病理学会認定病院となった。昭和54年より、月1回内科が主となり、臨床病理検討会(CPC)が、東京医科歯科大学病理学教室の協力のもとに行われている。また、平成9年より、外科系CPCを2か月に1回、皮膚科CPCを3か月に1回行っていたが、皮膚科CPCは、平成17、18年度は行われていない。尚、剖検例の神経病理診断については、脳神経研究室長兼神経内科臨床部長である内原俊記のコンサルテーションのもとで行われている。また、細胞診の精度管理は細胞診断指導医が行っている。診断業務及び学会発表に必要な文献検索はインターネットを介して東京医科歯科大学の図書館を利用している。

病理診断件数

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
病理組織件数 2,454 2,302 2,518 2,120 1,802
細胞診 4,368 3,899 3,925 2,848 2,051
病理解剖 24 23 23 8 13

スタッフ紹介

北川 昌伸 Masanobu Kitagawa
病理診断科部長、医学博士
専門医等 日本病理学会病理専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本病理学会分子病理専門医
廣川 勝昱 Katsuiku Hirokawa
東京医科歯科大学名誉教授
専門医等 日本病理学会・病理専門医研修指導医