グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  循環器内科

循環器内科



概要・特徴

循環器内科が主に診療する心臓・血管の病気には、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離、肺血栓塞栓症、肺高血圧症、閉塞性動脈硬化症といった疾患が含まれ、これらの病気によって生じる症状には、胸痛、背部痛、息苦しさ、動悸、むくみ、足の痛み、などがあります。また、心臓・血管の病気の原因となる、高血圧症、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い)、糖尿病の診療も循環器内科でおこなっております。
上記症状でお困りの方や他院で上記疾患を指摘され専門医の診療をご希望される方は循環器内科へご相談ください。外来で必要な検査を行った上で、治療方針を決めさせていただきます。また、入院治療が必要な患者さんへの対応も行っております。

診療体制

診療体制
循環器内科は、常勤医3名、非常勤医2名(全員、東京医科歯科大学循環器内科医局所属)で外来診療にあたっております。外来担当医師は全員循環器専門医を取得しており、3名は総合内科専門医、1名は不整脈専門医の資格を有しております。狭心症、心不全、徐脈・頻脈性不整脈、大動脈解離、肺血栓塞栓症といった疾患の入院診療にも対応しており、専門施設による高度医療が望ましい場合には適切な病院のご紹介も随時行っており、緊急時を含めて東京医科歯科大学医学部附属病院と連携して診療いたしております。
外来で施行可能な検査としては、経胸壁心エコー、ホルター心電図、運動負荷心電図、ペースメーカチェック、MRI対応型デバイス植込患者のMRI撮像があります。また他の検査機関と連携して、冠動脈CTや心臓MRIなどの検査で詳しく心臓の状態を調べることも可能です。心臓カテーテル検査・治療、ペースメーカー植え込み手術といった入院が必要な検査・治療にも対応しております。

スタッフ紹介

秦野 雄 Yu Hatano
循環器内科部長・東京医科歯科大学臨床講師・医学博士
専門医等 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
大坂 友希 Yuki Osaka
循環器内科医長・医学博士
専門医等 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
檮木 優哉 Yuya Utsugi
循環器内科医長
専門医等 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
渡邉 匠 Takumi Watanabe
循環器内科