グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科



外来受付時間表

外来診療体制表

概要・特徴

耳鼻咽喉科の扱う領域は患者さんが想像されるより広く、脳の下から肺の上方、頚椎よりも前方にあたる疾患を扱います。耳鼻咽喉科で扱う疾患は、耳(中耳炎、難聴、めまいなど)、鼻(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔彎曲、鼻出血)、顔面(顔面神経麻痺)、口腔咽頭・喉頭(扁桃炎、喉頭蓋炎、声帯ポリープ、唾石、口内炎、咽喉頭異常感、睡眠時無呼吸、腫瘍)、頸部(リンパ節炎、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍、その他悪性腫瘍)など多岐にわたります。

診療体制

外来診療では、耳鼻科一般疾患の診断治療を行っております。睡眠時無呼吸の精査(簡易アプノモニター)は、呼吸器内科が行っております。
入院治療では、中耳炎、突発性難聴、めまい、顔面神経麻痺、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、鼻出血などに対応しております。(ただし、現在当院では小児の入院は行っておりません)。諸事情により入院ができない方に対しましても、病状に応じて外来通院での点滴治療も行っております。
手術治療は、毎週木曜日に実施しております。全身麻酔の手術は、原則入院していただき、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術、声帯ポリープや喉頭腫瘍に対する顕微鏡下喉頭微細手術、唾液腺や甲状腺良性腫瘍の摘出術などを中心に行っております。局所麻酔の手術は、アレルギー性鼻炎に対するアルゴンプラズマ凝固装置による下鼻甲介粘膜焼灼術、唾石摘出、下口唇嚢胞摘出、鼓膜切開・チューブ留置など(いずれも外来日帰り)を行っております。
頭頸部悪性腫瘍の診断においては、CT・MRI・超音波などの画像診断・病理組織診断を行って診断がつき次第、悪性腫瘍の治療を行っている大学附属病院や癌専門病院などへ御紹介しています。
また、その他当院で対応困難な難しい症例につきましては、大学附属病院やその他の専門病院へ御紹介しております。
外来は火曜・水曜・木曜日は医師が一名で診療しており、待ち時間が長くなることもありますが、誠実に診療いたします。御理解下さいますようお願いいたします。

午後の専門外来

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
頭頸部外来
(要予約)
予約検査 学童外来 めまい外来
(要予約)
補聴器外来
(要予約)

スタッフ紹介

石原 明子 Akiko Ishihara
耳鼻咽喉科部長
専門医等 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門指導医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
日本耳鼻咽喉科学会
日本耳鼻咽喉科臨床学会
日本頭頚部外科学会
毛利 香織 Kaori Mori