グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院紹介 >  患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務


東京医療生活協同組合 患者さんの権利と責務

平成28年2月29日制定
  1. いかなる差別もなく、公平で良質な医療を受けることができます。
  2. ひとりの人間として、その人格や価値観が尊重され、プライバシーが保護されます。
  3. 分かりやすい言葉で、病状・診断・治療法・予後等について、説明を受けることができます。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたのち、セカンドオピニオンや治療法等を自らの意志で決めることができ、必要に応じて診療録の開示を求めることができます。
  5. 臨床研究に参加するかどうか、自らの意志で決定することができ、いつでも参加を取り止めることができます。
  6. 医療の充実と向上にむけて、医療提供者と力を合わせるとともに、医療人の育成にご協力ください。
  7. ご自身の健康に関する情報を、できるだけ正確に医療提供者に伝えてください。
  8. すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないようご配慮ください。

小児患者(しょうにかんじゃ)の権利(けんり)

令和元年12月23日制定
  1. どのような病気(びょうき)にかかったときでも、ほかの人(ひと)とおなじようによい医療(いりょう)をうけることができます。
  2. どのようなときでも、ひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされ、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)と力(ちから)をあわせながら医療(いりょう)をうけることができます。
  3. 病気(びょうき)のことや病気(びょうき)をなおしていくほうほうを、あなたがわかる言葉(ことば)や絵(え)などをつかって、病院(びょういん)の人(ひと)におしえてもらうことができます。
  4. 病気(びょうき)のことや病気(びょうき)をなおすほうほうについて、じゅうぶんな説明(せつめい)をうけたうえで、自分(じぶん)のかんがえやきもちを病院(びょういん)の人(ひと)やご家族(かぞく)につたえることができます。
  5. わからないことや、ふあんなことがあるときはいつでも、ご家族(かぞく)や病院(びょういん)の人(ひと)たちにきいたり、はなしたりすることができます。
  6. 病気(びょうき)がよくなるように、あなたのからだやきもちのことを、できるだけくわしく病院(びょういん)の人(ひと)たちにつたえるようにしてください。
  7. みんながきもちよくすごすために、病院(びょういん)のやくそくをまもってください。