グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護部 >  各チームの活動 >  褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会


褥瘡発生の危険因子を評価し、院内における褥瘡発生予防、褥瘡の早期発見、及び適切な治療を行なうことを目的に活動しています。
委員会は、皮膚科・形成外科医師を中心に回診を行ない、月に1度は全員が集まって前月の褥瘡保有・発生状況と経過、体圧分散寝具の使用状況等を報告し、褥瘡対策に関する問題点等について検討しています。また、年に1~2回の勉強会を院内で主催し、全職員が褥瘡に対する知識を共有できるよう努めています。
このような活動の結果、褥瘡発生率も減少しています。