グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院紹介 >  在宅解剖

在宅解剖


おだやかな看取りを明日に活かすみち —病理解剖という新たな試み—

神経疾患療養者を在宅・施設でケアしておられる医療者の方々へ

在宅や施設での神経疾患療養者の増加に伴い、そこで看取りに至る例も増加すると予想されますが、病理解剖の体制がなくその機会もほとんどありませんでした。もし病理解剖を通して診断を確定し、病態や合併症を理解することができれば、神経疾患療養者のケアの向上や疾患の病態解明につながることは確実です。
そこで、その費用を支援する
「おだやかな看取りを明日に活かすみち—病理解剖という新たな試み—」
を下記の要領で開始しました。
対象者がおられましたら、まず御連絡下さい。

1. 在宅や施設での療養中に不幸にも病死、自然死する例を対象とする病理解剖で、外因死の直接死因を解明
 する行政解剖、司法解剖ではありません。
2. 東京医科歯科大学と新渡戸記念中野総合病院では在宅や施設から受入れて、病理解剖を行う体制が整って
 おり、搬送可能であれば対応します。別の施設で病理解剖していただいた場合でも、病理解剖、搬送費用
 を負担できますので事前に御相談下さい。
3. 在宅や施設での療養後、終末期に入院して病院で死亡された場合も対象にできます。
4. 御遺体の確認や病理解剖時の立ち会いは主治医の先生にお願いします。
5. 病理解剖時に採取された脳及び内臓の組織は原則として剖検施設に帰属します。特殊染色など神経病理診
 断の支援をさせていただく用意はありますので御相談下さい。
6. 本事業の問題点を明らかにし、制度化するために、実施過程の詳細についてお問い合わせさせていただく
 予定です。御協力をお願いします。
7. 本事業は外部資金を獲得し、その範囲内で費用負担をする段階です。外部資金が不足すれば対応できない
 場合もありますので、必ず事前に御相談下さい。
2017年10月吉日

お問い合わせ先

東京都医学総合研究所

脳病理形態研究室室長 内原 俊記
TEL:03-6834-2341(直通)
E-mail:uchihara-ts@igakuken.or.jp

新渡戸記念中野総合病院

神経内科部長 融 衆太
TEL:03- 3382-1231 (代表)
E-mail:shuta-toru@nakanosogo.or.jp

本事業は「精神・神経科学振興財団」と「杉浦記念財団」の御支援により実施中です。
参考文献:
内原俊記 おだやかな看取りからの病理解剖. 週刊医学界新聞 2017 年4 月3 日
②内原俊記ら 神経疾患療養者の在宅看取りを病理解剖を通して活かす試み. 日在医会誌 2016:17:205-211

事務手続きに関して

在宅解剖に関する費用(剖検料、搬送料、遺体保存料など)は立替え、払い込みいずれでも対応できます。事務手続きにつきましては、以下のとおりとなります。

1)提出書類

(当院で解剖をする場合)
①在宅解剖申請書
②御遺体の搬送料の領収書(葬儀社から直接当院に請求可能な場合は不要。)
③振込み先情報(搬送料を立替払いした場合。)

(当院以外で解剖をする場合)
①在宅解剖申請書
②患者様の死亡診断書(写)
③解剖依頼書(写)
④病理解剖に関する承諾書(写)
⑤剖検肉眼的診断報告書(写)
⑥病理解剖料の領収書
⑦御遺体の搬送料の領収書(葬儀社から直接当院に請求可能な場合は不要。)
⑧振込み先情報(病理解剖料または搬送料を立替払いした場合。)

2)書類送付先

〒164-8607
東京都中野区中央4-59-16
新渡戸記念中野総合病院 総務課
「在宅剖検書類在中」と明示下さい。
TEL:03-3382-1231
FAX:03-3381-4799
E-mail:soumu@nakanosogo.or.jp
※専用メールアドレスの作成を現在検討中です。
提出書類が全て揃いましたら、上記の書類送付先までご郵送下さい。書類到着後、担当者よりご連絡を差し上げます。